船橋市で評判の外壁塗装業者ランキング!口コミで人気の外壁塗装業者を厳選しました。

外壁塗装の塗料を選ぶ際にチェックするべきポイントとは?

公開日:


外壁塗装の満足度を左右するのが塗料選びです。この記事では、「そもそも塗料にどんな種類があるのか分からない」「数が多すぎて何を基準に選べばよいかわからない」という方に向けて、塗料の種類ならびに選び方を解説します。船橋市内で外壁塗装にお悩みの方は、ぜひ塗料選びの参考にしてください。

外壁塗装に用いる塗料の種類

塗料は、塗料の主成分となる樹脂の種類によってグレード分けされます。ここでは、代表的な5つのグレードの塗料について紹介します。

アクリル塗料

アクリル系樹脂から作られる塗料です。住宅系の塗料としては耐用年数が5年から7年と最も短く、耐候性にも欠けるため、今では新築時にも、塗り替え時にもほとんど使われていません。ただ、価格は作業賃込みで1,500円/m²程度と、塗料の中で価格が最も安く、発色がよいというメリットもあるため、定期的に塗り替えを楽しみたいという方にはおすすめです。

ウレタン塗料

ウレタン樹脂から作られる塗料です。木や金属まで材質によらず使用できる万能塗料で、環境と立地によっては、10年程度の耐用年数も期待できます。ただ、価格は1,950円/m²前後とシリコン系塗料とあまり差がないため、コストパフォーマンスの面で見劣りします。10年以内に退去や解体が決まっている場合に適しているといえるでしょう。

シリコン塗料

シリコン樹脂から作られる塗料です。耐用年数、費用ともに標準的なグレードでバランスが取れているため、外壁塗装の塗料として人気があります。売れ筋の塗料なので、塗料のカラーバリュエーションも豊富です。ただ、一口にシリコン塗料といっても、価格や品質はピンからキリまであるので、選定には注意が必要です。シリコン塗料の塗装費用は2,300円/m²前後で、耐用年数は10~15年が目安です。

フッ素塗料

フッ素樹脂を含んだ塗料で、非粘着性(汚れが付着しづらい)、耐薬品性(酸性雨に強い)、耐候性(紫外線で劣化しづらい)といった性質をもっています。グレードの高い塗料であるため、1回当たりの工事費用が高額な大きな邸宅や、マンションやアパートなど近隣の住民の生活に支障が出るので頻繁にはメンテナンスが難しいところに施工すると、長期的にコストパフォーマンスがよくなります。

デメリットとしては、日粘着性があるがゆえに、次回の塗り替え時に塗料が付着しづらく、専用の下塗り材を必要とするなど手間がかかる点が挙げられます。自宅の外壁をきれいに保ちたい方、アパートやマンションなどに物件をもっている方に適しています。フッ素塗料の塗装費用は4,300円/m²前後、耐用年数は15~20年が目安です。

ラジカル塗料

「ラジカル」という塗膜を劣化させる成分の働きを抑制する酸化チタンを配合した塗料です。「ラジカルフリー塗料」「ラジカル制御型塗料」など呼称はさまざまで、混ぜ合わせる樹脂の種類によってアクリル樹脂やシリコン樹脂の塗料と混ぜて、耐候性を高めているものもあります。メリットとしては、シリコン塗料とほぼ同じ価格でありながら、1~2年ほど耐用年数が長く、コストパフォーマンスに優れている点が挙げられます。

ただ、開発されて日が浅いため、利用実績が少なく使い方が難しいのが難点です。ラジカル塗料の塗装費用は2,400円/m2前後で、耐用年数は12~16年が目安です。

外壁塗装の塗料を選ぶ際にチェックするべきポイント

外壁塗装の塗料は、耐用年数・価格のバランスと、用途・機能性を考えて選ぶのがおすすめです。以下で、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

耐用年数と価格のバランスで選ぶ

塗料によって、耐用年数や予算は大きく異なります。塗装にかけられる予算や、塗装箇所に求められる耐久性を考えて、選ぶことが大切です。安い塗料は初回こそ安いものの、頻繁に塗り替える必要があるため、長期的にみるとメンテナンスコストがかさんでしまいます。

反対に、耐用年数が長い塗料は初回こそ値が張るものの、塗り替えの頻度が少なくて済むため、長期的に見れば、メンテナンスコストは安く済みます。価格ありきではなく、長い目で見てどちらがより自分にとってプラスになるか考えて選ぶことが大切です。

用途・機能性で選ぶ

塗料の中には、遮熱や防水、光触など機能性をもった塗料が数多く存在します。その中から塗料を選ぶためには、塗料の用途と、自身が塗装箇所に求める機能を明確にしておく必要があります。たとえば、夏に日当たりが強く熱がこもるのが悩みであれば、日当たりのよい面の塗装を遮熱もしくは断熱性のある塗料にするという選択氏があります。

また、壁面の汚れが目立つのであれば、非粘着性のある塗料や、雨水で汚れを洗い流すセルフクリーニング機能をもった塗料を使うといった選択肢もあるでしょう。

外壁塗装の塗料選びは業者に相談するのがおすすめ!

外壁塗装は知識・技術・経験が求められる分野なので、業者に相談するのがおすすめです。外壁塗装の仕上がりは、塗装する作業員の腕次第で大きく変わってくるため、塗料選びと同じか、それ以上に重要です。

この記事でも触れたような基本的な塗料の知識をもっておき、不明な点があれば確認するなどして、業者が適切な返答をしてくれるかを確認することも大切です。業者に相談する際は、先程触れた施工の目的、予算、耐久年度を明確にして伝えると話しがスムーズに進みます。

 

外装塗装の塗料は多種多様であるがゆえに、どれを選べばよいか分からないというジレンマに陥りがちです。塗装選びに迷ったときは、ぜひこの記事で紹介したようなチェックポイントを参考にして業者を選んでみてください。

●でおすすめの●5選・ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社GlobalAscension堀内建装リフレクトオンテックス美匠
特徴完全自社施工による高品質で低価格なサービスを提供する外壁塗装業者塗料の品質と職人の技術にこだわり、最初から最後まで自社でサポート高い診断力と提案力、職人のマナー教育も重視する外壁塗装業者14万件以上の外壁リフォームの実績と製造・開発から施工まで自社で行う塗料を熟知した職人の技術力で地元の顧客を満足させる外壁塗装専門店
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧